キャッシング審査を通りやすい申し込みの仕方

お金が足りなくて困った時に助かるキャッシングですが、無条件で誰でも利用できるわけではありません。利用したい業者へキャッシングの申し込みをすると審査が行われます。どんなに利用したいと思っても審査を通過できなければ利用することはできないのです。しかし、必要以上に心配する必要はありません。キャッシングサービスの審査は昔に比べると簡単になり、利用するためのハードルは低くなってきています。

 

昔は店頭の窓口で人と顔を合わせて申し込みをするしかなかったのですが、現在はインターネット経由の申し込みや自動契約機といった無人で契約をするための窓口があります。やはりお金を借りるという事は心理的に抵抗のある事だと思います。こうした環境が整う事で誰でも気軽に利用できるようになってきたわけです。申し込み自体のハードルは下がったわけですが、審査自体は当然しっかりと行われています。審査を通るための注意点などに気を付けて申し込みをしましょう。

 

すぐに借入れできるキャッシングはココ!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

★人気のフリーローン総合ランキングをチェック★

 

キャッシング審査はどうやったら通るの?

お金を貸す側の観点から考えてみると審査に通りやすい申し込みのコツがわかってきます。どういった点を審査されるのかを知り、スムーズに審査を通過できるように3つのポイントをおさえましょう。

 

申し込みの内容にミスをなくす

キャッシングの審査をするためには申し込み時に「氏名」「勤務先の情報」「現住所」「電話番号」などの情報が必要になります。個人が特定できなければ安心してお金を貸す事ができませんから当然です。これらの情報を意図的に偽造することは勿論いけませんが、うっかり間違えてしまうのも致命的です。虚偽の申告と捉えられかねませんから間違いないかしっかり確認して申し込みを行いましょう。

 

正直に申告する

例えば現在他社から借入している金額や希望する借入の額、またその使用用途など正直に申告しましょう。業者は申告をもとにキャッシングの審査を行いますから嘘の申告は大変困ります。嘘をつく人にお金を貸したいとは思いませんよね?場合によっては審査を通過できなくなります。

 

限度額を高く希望しない

基本的に初回利用時の限度額は必要最低限にするべきでしょう。いくら収入があってもきちんと返済してくれるかどうか判断するための実績がないわけですから、キャッシングの業者としても限度額いっぱいまで貸す事にはリスクがあります。最初はなるべく限度額を低めに設定した方が審査に通りやすいと言えます。また、長期的に利用してきちんと返済を行う顧客に対しては限度額の引き上げも行ってくれます。必要に応じて申請していくようにしましょう。

 

まとめ

キャッシング利用のハードルは低くなったものの審査自体はしっかり行われています。とにかくお金を借りるということには信用してもらうことが第一です。虚偽の申告などはせずに正直に記入して審査してもらいましょう。また、キャッシングの金額は高いほど審査が厳しくなるので必要最低限の額を希望するようにしましょう。

審査を申し込むときのポイント

キャッシングをするときには、絶対に嘘の情報を記載しないことが大切です。キャッシング会社はあなたの情報をすべてわかっていますので、虚偽の情報を記載してバレないと思っているなら大間違いです。そのため、審査を申し込むときには、必ず正しい情報を記載する必要があります。キャッシングの審査は誰しもが緊張するものです。

 

キャッシング通過の連絡が来るまでには、待っている間の時間が大変長く感じられますし、果たして自分が通るのかどうか、緊張しながら待った経験のある人も多いかもしれません。そうしたあなたの不安感の解消のため、キャッシングの審査というのはどういったものを行うのか、何を見られているのかをお伝えするとともに、虚偽の申告はせず、正しい申告をするということを申し上げておきたいと思います。審査に落ちる人の大半が嘘の申告をしたために審査落ちしているという事実があるのです。

 

これを逆に捉えれば、滞納もなく遅延事故もなく、虚偽の申告もしなければ、審査通過の確率は非常に高いと言えるでしょう。自分の借りているお金の金額が高いとしても、借りている金額を正しく申告することで審査も通るのです。キャッシング会社はあなたが借りているお金の状態を把握しています。どの業者からいくら借りているのか、遅延事故はないかなど、すべてにおいて情報はわかっているので、嘘をついても仕方がないということだけは理解しておきましょう。

 

借りる先について

審査を申し込むときに大切なのは、金利、借入限度額、収入証明書提出の有無など、各ポイントについて把握し、調べておくことをおすすめします。業者によって金利や限度額は変わっていきますので、自分の希望条件に合致するキャッシング会社を選び、そのために何が必要なのかをしっかりと調べておかなくてはいけません。

 

最近はネットですべての手続が終わる会社や電話の審査が不要であり、会社の健康保険証などを提出することでキャッシング審査が完了することもありますので、そうした業者を選択していくのもキャッシング会社の上手な選び方と言えます。上手な方法としては、最初、低額の審査を申し込んでおいて、審査が完了したら借入限度額を上げていくという相談をキャッシング会社に行ってみることをおすすめします。

 

その場合、審査通過はしますし、通ったあとなら希望金額を借り入れすることができるようになる確率も上がります。こうした方法は大手キャッシング会社に頼みましょう。それも、銀行が運営しているキャッシング会社のほうがこうした融通は利くと思うので、ぜひ行ってみてください。大事なことは、嘘の申告は絶対にせず、自分の状況に合った業者をしっかりと見極め、借入限度額や金利などについて調べることです。

 

  • 虚偽申告はすべてバレますので、正しい情報を正しく記載してください。
  • 滞納、延滞事故がなければ、審査通過はかなりの確率で通ります。
  • 限度額を上げたいなら、一度審査に通過してから通すようにしましょう。

 

まとめ

キャッシングの審査はまじめに書き、正確な情報を記載しましょう。限度額を上げたければ、上記でも書いているように、最初は必要最低限の金額を申告し、通ってから限度額を引き上げるようにキャッシング会社に相談しましょう。

在籍確認は避けられない

消費者金融等を利用する際に避けて通れないものの1つに在籍確認というものがあるのをご存知でしょうか?在籍確認は、消費者金融等でキャッシングをしようとする際に、書類を提出することになりますが、その書類に書かれた勤務先に本当にその人が勤めているのかをチェックするために行われるものであります。

 

もし、これがなかったら、利用者が嘘の申告をし、その後貸し出したお金を返済してもらえないという可能性も出てくることでしょう。それぐらい在籍確認は大事な工程であり、そのため、利用者自身が嘘をつくつもりはなくても、在籍確認が行えなかったとなると、嘘をついたと思われ、キャッシングが行えなくなる可能性もありますので、書類提出の際には細心の注意を払うべきです。ですが、お金を借りるということから、そのことを会社の人間に知られるのは避けたいという方も当然いらっしゃるでしょう。そのような方には、本来の在籍確認の方法とは違った方法での在籍確認も行われていますので、ご安心ください。

 

具体的な在籍確認の方法とは?

一口に在籍確認とはいっても、会社によってその方法は異なってきます。ですが、1つ共通していることがあり、それは、利用者への配慮を怠らないということです。昔ほどではないかもしれませんが、現在においても、お金を借りるということから、キャッシングを利用することをそれほど良く見られないという傾向がありますので、例えば在籍確認の際に会社に知られるのは避けたい、もしくは、家族に知られるのは避けたいという利用者も当然少なくないわけです。

 

また、そのようなことは会社も分かっておりますので、在籍確認の際にも、自社の名前を出すことはせずに、”山田ですが、田中様をお願いしたいのですが?”といったように個人の名前を名乗るようにし、絶対、消費者金融等からの電話だと分からないような配慮が行われています。そして、たまたま利用者本人が外出中であった場合に、他の社員が「こちらからもう1度かけ直しましょうか?」という問いにも、大抵は拒否するようにしています。以上が一般的に行なわれる在籍確認の具体的な方法となります。しかし、利用者の勤め先によっては、”個人情報に関することは一切お話し出来ないという会社”や”取引先以外からの電話はあり得ない”ということもあるでしょう。

 

そういった会社では在籍確認を行なうことはまず不可能に近いため、電話ではなく、書面上で行うようにしています。この際に利用出来る書面としては、会社のネームプレート、給料明細書、もしくは会社で発行した在籍証明書等も利用することができますが、それらには勤めている会社の名前が明確に示されている必要があります。また、ここで1つアドバイスとして、在籍確認で審査が滞らないためにも、自分の勤め先が通常の在籍確認を行なうことが出来るのか否かを予めお話ししておくのがベストかと思われます。

 

  • 在籍確認は避けて通れません。
  • 在籍確認では自社の名前を名乗らないので、会社に利用を気付かれることはありません。
  • 場合によっては、会社のネームプレートや給料明細等でも在籍確認を行なえます。

 

終わりに

これまで在籍確認についてお話ししてきましたが、在籍確認はどの消費者金融等でも必ず実施されるものと思っていただいてよいかと思われます。ですが、あなたが心配しているような誰かに気付かれるということはありませんので、安心してください。

 

会社名を名乗らないのは、見方によっては不信に思われるかもしれませんが、クレジットカードを利用する際にも似たようなことを行ないますので、過剰に心配する必要はありません。どうしても心配だという方は、「クレジットカード関連の電話が来る」ということを会社に人に伝えておくというのも1つの手であります。

おすすめのカードローン

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス

4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム

4.7%〜18.0% 500万円 最短即日
アイフル

4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン

4.9%〜14.5% 500万円 最短即日
更新履歴